M&A方法と種類 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A知識 > 

M&A方法と種類

M&Aの方法

M&Aの方法には、大きく分けて2つあります。1つは、友好的な買収であ り、もう1つは敵対的な買収です。簡単に言えば、買収される側の取締役が 買収に賛成な場合は友好的な買収で、反対の場合が敵対的な買収です。

敵対的な買収のほうが、一般の人の関心を引きやすいので、マスコミなどに 大きく取り上げられることが多いのですが、実際には友好的な買収のほう が、圧倒的に多いのです。アクティブ・コンサルティングも、原則として、友好 的な買収のアドバイスをお引き受けしております。

M&Aに関する法改正

M&Aの手法は法的な規制と密接な関連があります。グローバル化の流れ の中で、法規制は徐々に緩和される傾向にあります。これまでの主な法改 正の流れは、次の通りです。

1997年 【商法改正】簡易合併制度
【独占禁止法】純粋持ち株会社の解禁
1999年 【商法改正】株式交換・株式移転制度
2000年 【商法改正】会社分割制度
2001年 【商法改正】種類株式、新株予約権の規制緩和
2005年 【新会社法】簡易再編の緩和、略式再編制度、再編対価の柔軟性

M&Aの種類

M&Aスキームの主な種類は、下記の通りです。アクティブ・コンサルティン グでは、クライアントのニーズを分析した上で、案件ごとに最適なスキーム をご提案いたします。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A目的へ

M&A歴史へ→


▲この頁(M&A方法と種類)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting