M&A合併 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A知識 > 

M&A合併

合併の2つの手法

合併とは、複数の会社が一体になる組織再編行為のことです。日本でも昔 から使われた手法でなじみが深い方法です。合併には、当事会社がすべて 解散して新会社を設立する「新設合併」と、1社が存続して、他の会社が消 滅する「吸収合併」があります。

新設合併では、許認可などもすべて取りなおす必要があるなど、手続きが 煩雑になるため、大半は吸収合併の手法が用いられます。

合併イメージ

合併のメリット

合併のデメリット

合併の手続きのポイント

合併では、当事者すべての会社で特別決議が必要となります。ただし、吸 収合併で簡易合併に該当する場合は、存続会社側の株主総会を省略する ことができます。

また、略式合併に該当すれば消滅会社の株主総会を省略することができま す。簡易合併とは、交付する財産の金額が、純資産の5分の1以下の場合 です。

ただし、反対株主が存続会社の総株式数の6分の1を超えた場合や、存続 会社が譲渡制限会社であり、譲渡制限株式を割り当てる場合は株主総会 を省略できません。略式合併とは、親子会社間の合併において、親会社が 子会社の90%以上の議決権を保有している場合です。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A歴史へ

M&A株式交換・移転へ→


▲この頁(M&A合併)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting