M&A(売却)ミドルフェーズ 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業務内容 > 

M&A(売却)ミドルフェーズ

M&A(売却)ミドルフェーズとは

M&A(売却)ミドルフェーズとは、M&Aの売却活動において中核となる段 階のことです。アクティブ・コンサルティングでは、買い手との交渉、基本合 意書の締結、デューデリジェンス協力などのミドルフェーズにおけるサポー トをいたします。

M&A(売却)ネゴシェーション

ネゴシェーションすなわち交渉は、一方のみが完全に満足するワンサイドで 締結することはありえません。両者の完全満足の中間のどこに落とし所を 求めるかという話し合いになります。

常にM&A戦略の原点に戻り、譲れる点、譲れない点を明確に決めることが 大切です。交渉代理は弁護士法72条により、弁護士の独占業務となって おります。

それゆえ、アクティブ・コンサルティングは、交渉代理は行いませんが、側面 から交渉の進め方に関するアドバイスをいたします。なお、ご希望があれば 弊社提携の法律事務所の弁護士が交渉代理をお引き受けいたします。

M&A(売却)基本合意

基本合意とは、最終契約をする過程において、基本的な事項について、買 い手と売り手が合意できた内容を書面で確認することです。英語ではLOI (Letter Of Intent)とか、MOU(Memorandoum Of Understanding)などとなり ますが、これを見ると基本合意の意味がよくわかります。

基本合意は取引条件面での法的拘束力を持たせないことが一般的です。 ただし取引条件面以外の条項については、法的拘束力を有することもあり ます。買収価格の上限や、最終交渉日の目安、排他的交渉権などが記載 されることが多いです。

M&A(売却)デューデリジェンス協力

デューデリジェンスとは、売り手企業の経営内容を精査することです。通常、 DDと略されます。DDの目的は、ひと言でいうと、買収対象企業の抱えるリ スクを抽出することです。

DDは、会計士による財務DD、弁護士による法務DD、経営コンサルタント によるビジネスDDの3つの要素で構成されます。売却企業は、必要な資料 を提供すると共に、質問に応じるなど、買い手によるDDに協力します。

デューデリジェンスイメージ


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A<売却>ファーストフェーズへ

M&A<売却>ファイナルフェーズへ→


▲この頁(M&A<売却>ミドルフェーズ)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting