M&Aスーパーマーケット動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aスーパーマーケット動向

M&Aスーパーマーケット動向

デフレ傾向で経営格差が拡大しM&Aが進む

2008年末頃から、景気低迷のあおりを受けて、それまで堅調だった スーパーマーケット業界も苦境へと突入しました。日本型GMSディス カウントストア等によるPBを中心とした価格攻勢により、客数、売上 高、荒利益ともに、大幅に低下しています。大手スーパーマーケットは もちろん、中小のスーパーマーケットも新たな低価格PBを開発して、 さらなる価格競争へ挑む構えです。

2010年度は、大手企業による小型店舗の開発やネットスーパーの展 開が積極的になされることにより、中小スーパーマーケットを中心に経 営格差の開きがより大きくなることが予測されます。当然のことながら、 M&Aが、より活発になることは確かです。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

スーパーマーケットM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 イズミヤ 伊藤忠商事 資本提携
2009年 オオゼキ 創業家 MBO
2009年 イオン 三菱商事 資本提携
2007年 光洋 イオン 株式譲渡
2007年 西友 ウォルマート・ストアーズ TOB
2006年 ヨークベニマル セブン&アイ・ホールディングス 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A調剤薬局動向へ

M&Aコンビニエンスストア動向へ→


▲この頁(M&Aスーパーマーケット動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting