M&Aコンビニエンスストア動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aコンビニエンスストア動向

M&Aコンビニエンスストア動向

他業態とのM&Aにより新展開を図る

2008年7月に導入されたタスポ効果により、既存店の売上高が大幅に 増大して、コンビニエンスストア業界にも久々に活況が訪れました。しかし、 構造的な低迷の傾向は否めず、タスポ効果の反動もあって、2009年6月 からは業績が悪化して、企業間格差が拡大してきました。

コンビニエンスストア業界でも、ここ数年間は、中小企業から上位企業 へのM&Aが活発に行われてきました。最近では、ドラッグストアなどの 他業態とのM&Aにより、新たな展開でさらなる成長を図ろうと模索する 傾向が顕著です。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

コンビニエンスストアM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 ココカラファインホールディングス サークルKサンクス 業務提携
2009年 マツモトキヨシ ローソン 業務提携
2008年 九九プラス ローソン TOB
2008年 日本郵政 ローソン 包括提携
2008年 新撰組本部 ローソン メガFC契約
2008年 楽天ブックス ミニストップ 業務提携
2005年 ampmジャパン レックスホールディングス 買収

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&Aスーパーマーケット動向へ

M&Aアパレル動向へ→


▲この頁(M&Aコンビニエンス動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting