M&A製薬メーカー動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A製薬メーカー動向

M&A製薬メーカー動向

M&Aによる規模拡大が生き残りに不可欠

製薬業界は、2010年問題がキーワードとなっています。それは、新薬 メーカーの特許が切れて、経営が悪化するのではないかという問題です。 欧米では2010年がその時期なのですが、日本では2〜3年遅れでやって きます。この問題を解決するためには、規模拡大と新たな事業展開が不可欠 です。

このような経営環境のもとで、着々と業界再編が進行してきました。200 5年には山之内製薬と藤沢薬品工業が統合しアステラス製薬が、2007年 には第一製薬と三共製薬が完全統合して第一三共が誕生しました。日本国内 だけでなく、海外のベンチャー企業やインドのジェネリックメーカーを買収 するなど、クロスボーダーM&Aも活発に行われています。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

製薬メーカーM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 OSIファーマシューティカルズ(米国) アステラス製薬 TOB
2010年 大日本住友製薬 日本ケミカルリサーチ 事業譲渡
2009年 万有製薬 大鵬薬品工業 事業譲渡
2008年 ミレニアム・ファーマシューティカルズ 武田薬品工業 TOB
2007年 協和発酵工業 キリンホールディングス TOB
2007年 三菱ウェルファーマ 田辺製薬 合併

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&Aアパレル動向へ

M&A化粧品メーカー動向へ→


▲この頁(M&A製薬メーカー動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting