M&A食品メーカー動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A食品メーカー動向

M&A食品メーカー動向

市場縮小と製造コスト上昇でM&Aの動きが活発

少子高齢化が進行する日本では、加工食品の市場が縮小しています。 それに加えて、製造コストの上昇や物流コストの上昇が起きており、 景気低迷に伴う価格低下の圧力もかかり、苦しい経営を迫られてい ます。この状況を打破するためには、規模拡大による経営効率化、 新商品開発、海外展開などが必要です。

このような経営環境の中で、規模拡大および良質な原材料確保を目 指して、M&Aによる業界再編で、コスト削減を図る動きが活発に なっています。今後、食の安全性に対する要求が益々高まるにつれ、 海外も含めたM&Aが、さらに進行すると考えられます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

食品メーカーM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 ハウス食品 アサヒ飲料 事業譲渡
2009年 サントリーホールディングス ニチレイ 事業譲渡
2009年 ホッコク セルフィユ 買収
2008年 加ト吉 日本たばこ産業 買収
2007年 カルピス 味の素 買収
2007年 ニチロ マルハグループ本社 合併
2006年 メルシャン キリンビール TOB

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A化粧品メーカー動向へ

M&A雑貨メーカー動向へ→


▲この頁(M&A食品メーカー動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting