M&A雑貨メーカー動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A雑貨メーカー動向

M&A雑貨メーカー動向

経営効率化を求めて、水平・垂直M&Aが進行

雑貨の範疇は極めて広範であり、日用雑貨のみを取り上げても、関係する 業界は多岐にわたります。例えば、化粧品、石けん・洗剤、医薬品、紙製品、 家庭用品などが、その代表と思われます。販売チャネルもスーパー、コンビ ニエンスストア、ドラッグストア、ディスカウントストアなど、様々です。 雑貨の商品開発には、健康維持、日常生活における便利さの追求、快適な暮 らしに役立つアイデアなど、色々な側面があり、今後も重要な業界であり続 けることは確かです。

雑貨業界は、メーカー、卸、小売店を含めて、大規模な再編に向けてのM&A が活発に行われています。雑貨メーカーは、製造においても、販売においても、 比較的、規模のメリットを享受しやすいため、今後も水平統合および垂直統合を 目指したM&Aが積極的に行われると予想されます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

雑貨メーカーM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 杭州新花海商貿(中国) 伊藤忠商事 買収
2010年 ベアエッセンシャル(米国) 資生堂 買収
2010年 カイラニ 三陽商会 共同出資会社
2009年 テアトル商事 ジーンズメイト 事業譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A食品メーカーへ

M&Aホテル・旅館動向へ→


▲この頁(M&A雑貨メーカー動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting