M&Aホテル・旅館動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aホテル・旅館動向

M&Aホテル・旅館動向

経営悪化した観光ホテル・旅館のM&Aが活発

ホテル・旅館には、シティホテル、ビジネスホテル、リゾートホテル、 観光ホテル、観光旅館などがあります。これらの市場規模は、1990年 台から、ほぼ1兆円超で安定的に推移しています。都心部やリゾート地など 需要が見込める立地には、大手チェーンが新規建設を積極的に進めたために、 特定エリアでは、市場が飽和状態となり、競合が激化しております。また、 バブル崩壊以降、需要が激減した観光ホテル・観光旅館では、急速に経営が 悪化した企業が続出しております。

このようなターゲットに対して、M&Aが活発に行われています。老朽化し た観光ホテルや観光旅館をリニューアルして、低価格で提供するというビジ ネスが活況を呈しております。今後も資源の有効活用という観点から、 ホテル・旅館業界では、益々M&Aが活発になると思われます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

ホテル・旅館M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 JALホテルズ ホテルオークラ 売却
2010年 東急ホテルズ ブリーズベイホテル 事業譲渡
2009年 蓬莱旅館 星野リゾート 事業譲渡
2009年 ネコマホテル 星野リゾート 株式譲渡
2007年 帝国ホテル 三井不動産 株式譲渡
2007年 ANAホテルマネジメント
ANAプロパティ・マネジメント
城山プロパティーズ(モルガン・スタンレー・グループ) 事業譲渡
2007年 東京ヒューマニアエンタプライズ(ホテル日航東京) お台場都市開発(エートスグループ) 株式譲渡
2007年 藤田観光 モルガン・スタンレー・グループ 資本参加

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A雑貨メーカーへ

M&Aビルメンテナンス動向へ→


▲この頁(M&Aホテル・旅館動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting