M&Aビルメンテナンス動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aビルメンテナンス動向

M&Aビルメンテナンス動向

上位寡占度が未だ低くM&Aの動きが活発

ビルメンテナンス業界は、マンション管理会社含めて成長業界であり、市場規模は 4兆円を超え、関連サービスまで含めると8兆円規模になると言われています。 ビルメンテナンス会社は、規模のメリットを得やすく、M&Aにより管理件数を増や すことにより、収益の向上を図ることができます。

従来、ビルメンテナンス会社は、不動産会社グループ内の会社が多かったのですが、 経営の効率化を図るために、売却する動きが出てきております。また、独立系の中小 の管理会社も乱立していることから、これから業界再編が加速すると予測されます。 したがって、ビルメンテナンス業界では、益々M&Aが活発になると思われます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

ビルメンテナンスM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 東京美装興業 経営陣 MBO
2010年 アーバンサービス 関西電力 株式譲渡
2010年 東都 リロ・ホールディング 株式譲渡
2009年 ムサシ管財 NITTOH 株式譲渡
2008年 シーズコミュニティ ライフポート西洋 株式譲渡
2008年 ニューシティリングサービス セコムホームライフ 株式譲渡
2008年 伊藤忠アーバンコミュニティ ジェクール 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A不動産管理へ

M&A倉庫動向へ→


▲この頁(M&Aビルメンテナンス動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting