M&A運輸・倉庫動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A運輸・倉庫動向

M&A運輸・倉庫動向

上位寡占度が未だ低くM&Aの動きが活発

荷主であるメーカーや小売業が景気低迷でコスト削減に必死である状況を受けて、 運輸・倉庫業界は、価格引下げ要求を突き付けられて厳しい対応を迫られています。 特に、規制緩和により新規参入が容易になったため、6万社以上が乱立して過当競争 に陥っている中小物流会社は、値下げ競争により、収益力がかなり悪化しています。 また、物流子会社を持っている企業では、経営効率化の観点から、物流子会社を 売却する動きもあります。

物量減少や環境負荷軽減を目指した共同物流の動きもあり、新会社の設立も含めて、 業界再編が急速にすすめられています。さらに経営環境が悪化すると見られる中小 物流会社は、M&Aにより規模拡大を目指すことが生き残りの条件となっています。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

運輸・倉庫M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 日本通運 日本商事 事業譲渡
2009年 王子運送 福山運送 買収
2009年 西武運輸 セイノーホールディングス 株式譲渡
2008年 関東エアーカーゴ等 東海運 買収
2007年 国際フェリー 両備ホールディングス 買収

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&Aビルメンテナンス動向へ

M&A不動産販売動向へ→


▲この頁(M&A物流・倉庫動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting