M&A不動産販売動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A不動産販売動向

不動産販売動向

不動産業界全体が厳しい中で、業界再編が必至

不動産業界は11兆円を超える巨大なマーケットですが、金融危機以降、 都心オフィス事業や複合施設事業が低迷して、急激な業績不振に陥って います。地下、マンション価格も下落傾向にあり、販売戸数も販売価格も 下がる中で、不動産販売業者も苦しい経営を余儀なくされています。

不動産市場全体が冷え込む中で、大手5社も減益となり中堅不動産業者の 中には、資金繰りを悪化させて破綻に追い込まれる企業も出ています。 不動産業界もM&Aによる業界再編が進むものと予測されます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

不動産販売M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2009年 コスモスイニシア 大和ハウス工業他 資本参加
2009年 日本レジデンシャル投資法人 アドバンス・レジデンス投資法人 新設合併
2008年 インボイスRM アパマンショップホールディングス 株式譲渡
2008年 東芝不動産 野村不動産ホールディングス 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A運輸・倉庫動向へ

M&Aゴルフ場動向へ→


▲この頁(M&A不動産販売動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting