M&Aゴルフ場動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aゴルフ場動向

M&Aゴルフ場動向

上位寡占度が未だ低くM&Aの動きが活発

バブル全盛の頃に、ゴルフ場開発への新規参入が相次ぎ、過剰な状況に なりました。その反動で、バブル崩壊と共に、大型ゴルフ場が相次いで 破綻して、構造不況の業界となりました。その後は、投資ファンド等が 財政悪化したゴルフ場を買い取って再生させるというビジネスが活発に なりました。ゴルフ熱が盛んな韓国ファンドも加わって、大型ゴルフ場 のM&Aは、ほぼ完了した感があります。

昨今では、ゴルフ会員権も投資目的から、利用目的に変化しており、手軽 にゴルフを楽しみたい人口が増えていることから、今後は、より手頃な 中小のゴルフ場に対するM&Aが活発になると予測されます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

ゴルフ場M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 成田ゴルフ倶楽部   コスモスイニシア アコーディアゴルフ   大和ハウス工業他 株式譲渡  資本参加
2010年 朝日リゾート開発  日本レジデンシャル投資法人 西日本ゴルフ開発   アドバンス・レジデンス投資法人 事業譲渡
2009年 川西ゴルフクラブ  インボイスRM ナンノホールディングス 株式譲渡
2008年 宮崎小林ゴルフ
宮崎日向ゴルフ等
GUMI DEVELOPMENT(韓国) 株式譲渡
2008年 サンランド、石川ゴルフ倶楽部等  東芝不動産 スポーツ振興(アコーディアゴルフ) 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問


←M&A不動産販売動向へ

M&A学習塾動向へ→


▲この頁(M&Aゴルフ場動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting