M&A保育園動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A保育園動向

M&A保育園動向

保育園増大の政策によりM&Aによる事業拡大

女性の社会進出には目覚ましいものがあり、夫婦共働きも当たり前となっ ています。2000年に保育所の設置認可が規制緩和され、保育サービス 業界は大きく変わりました。それまで保育所を設置できるのは地方自治体 と社会福祉法人に限定されていたのですが、一定の基準を満たせばNPO や学校法人、株式会社などの参入も可能になったのです。保育園と学童保 育の量的な拡大を目指してきた方針は、新政権においても継続され、20 10年1月に「子ども・子育てビジョン」が閣議決定されました。これに より民間企業の保育園参入が活発になると予測されます。

少子化により児童数は減少しているものの、待機児童数は増加の一途をた どり、子育て手当の可決等の要因により、さらに市場拡大を期待する企業 は多いと思われます。今後は、保育園事業もM&Aが積極的に進められて 事業規模の拡大を目指す可能性が大きいはずです。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

保育園M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 三井物産 ジェイコム 株式譲渡
2007年 コムスン アート引越センター 買収

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問

←M&A学習塾動向へ

M&Aゲーム動向へ→


▲この頁(M&A保育園動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting