M&Aエステサロン動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&Aエステサロン動向

エステサロン動向

成長業界で上位寡占を狙いM&A戦略を展開

女性の美容・健康に対する関心は非常に強く、最近ではそれに男性需要も 取り込んで、エステサロン業界は成長産業となっています。現在のエステ サロン業界は5000億円強と言われていますが、まだ上位企業の寡占が 進んでおらず、日本エステティック業加盟企業の数は400社弱にもなり ます。中小のエステサロンも多いため、コンプライアンスに問題のある企 業も含まれており、業界のさらなるルール化が求められている段階です。

今後は、さらに競争が激化することが考えられ、上位寡占に向かって、大手 企業を中心としたM&Aが活発化すると予測されます。まだ、業界再編は 始まったばかりであり、M&A戦略の策定と実践に成功すれば、中堅企業に も、まだチャンスは残されていると思われます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

エステサロンM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2009年 ノイエス ファンケル 株式譲渡
2008年 ガブルス・ジャパン レミデュー 株式譲渡
2007年 ソシエ・ワールド 日興プリンシパル・インベストメント 増資引受
2007年 ガブルス・ジャパン アルテサロンホールディングス 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問

←M&A美容院動向へ

M&A介護サービス動向へ→


▲この頁(M&Aエステサロン動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting