M&A介護サービス動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A介護サービス動向

介護サービス動向

数少ない有望業界だがM&Aによる集約が必至

先進国の中で、最も高年齢化が進んでいる国の1つである日本では、介護 事業の市場規模も年々増大しており、2025年には20兆円を超えると もいわれています。その意味では、将来が有望な業界です。それゆえ、様々 な業界からの新規参入も多く、現在は30万社以上の介護事業者が乱立して おり、規模の大小が入り混じって激しい競争を繰り広げております。

このように業界としては有望なのですが、法規制により過酷な労働条件と 収益性の悪さから、実際には企業経営はかなり厳しく、撤退する企業も多い のが実態です。今後は、M&Aにより、一定の規模以上の企業に集約されて いくと思われ、M&Aが活発に行われる可能性が高い業界です。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

介護サービスM&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2010年 ボンセジュール ベネッセホールディングス 株式譲渡
2009年 モリモト メディカル・ケア・サービス 事業譲渡
2008年 ウィズネット富士 メディカル・ケア・サービス 事業譲渡
2008年 シーズライフケア アントケアホールディングス 株式譲渡

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問

←M&Aエステサロン動向へ

M&A外食チェーン動向へ→


▲この頁(M&A介護サービス動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting