M&A住宅設備工事動向 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A業界動向 > 

M&A住宅設備工事動向

住宅設備工事動向

縮小する市場で生き残るためにM&Aを活用

設備工事市場を広く捉えると、10兆円規模とも言われて、非常に巨大なマーケット になっています。設備工事業者は5万社以上もありますが、実際には上位企業の寡占 が完成しており、少数の大手ゼネコンを頂点に、多数の下請け企業が乱立していると いう状況です。公共事業の減少により、業界全体が厳しい状況に置かれています。

一方、住宅業界を見ても、長期化する不況のあおりを受け、マンション価格の下落が 続き、戸建の数も減少しており、苦しい状況が続いております。最近では、住宅エコ ポイント制度の施行に伴い、若干の回復が期待されております。いずれにしろ、今後 も厳しい状況が続くことは確かであり、生き残りをかけたM&A戦略が、さらに活発 になると予測されます。

M&A買い手のメリット

M&A売り手のメリット

住宅設備工事M&A動向

年度 売り手 買い手 形態
2009年 サンウェーブ工業 住生活グループ 株式交換

株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問

←M&ALPガス動向へ

M&A業界情報へ→


▲この頁(M&A住宅設備工事動向)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting