M&A用語集A〜Z 株式会社アクティブ・コンサルティング

M&Aトップ > 

M&A用語集A〜Z

EBO

EBOとは、Employee Buyoutの略です。会社の従業員や労働組合が、 自らの会社または一部の事業を買収するというM&A手法です。 経営陣が買収する場合は、MBOといいます。

DCF法

Discounted Cash Flow の略です。すべての資産(金融資産・事業資産) の価値は、その資産の生み出すキャッシュフローを投資家が期待する 収益率で割り引いた現在価値に等しくなるということです。

「将来価値÷(1+割引率)=現在価値」となります。

FCF

FCFとは、Free Cash Flowの略です。フリーキャッシュフローとは 企業が自由に使うことができるキャッシュのことです。一般に以下の式 で計算されます。

「FCF=営業損益×(1−法人税率)+減価償却費−運転資金増減ー投資」

M&A

M&Aは、Mergers and Acquisitions の略であり、直訳すると合併と 買収のことです。広義のM&Aは、業務提携や資本提携も含んだ意味 で用いられ、狭義のM&Aは合併と買収のみの意味で用いられます。

LBO

LBOとは、Leveraged Buyoutの略です。主に敵対買収のときに、買収 先の試算を担保にして、資金の一部または大半を金融機関等からの融資 に頼る手法です。少ない自己資金で買収が可能になるため、レバレッジ (てこ)効果があるために、この名称が付けられました。

MBO

MBOとは、Management Buyoutの略です。会社の経営陣が、自らの会社 または一部の事業を買収するというM&A手法です。経営陣が独立したい 場合や、上場企業を非上場にしたい場合などに使われます。

MSCB

MSCBとは、Moving Strike Convertible Bond の略です。日本語では 転換社債型新株予約権付社債といいます。最初は会社が社債として発行し ますが、その後、一定の価格で株式に転換することができる点が普通の社 債とは異なります。ライブドアによるニッポン放送買収の仕掛けで使われ たことで広く知られるようになりました。

TOB

TOBとは、Takeover Bidの略です。買収価格や株数などを公に開示して 株式を市場外で買い付けることです。持ち株比率が5%を超えることになる 市場外取引は、原則としてTOBによらなければならないことになっています。 ただし、売り手が10名以下の少数の場合は持株比率で3分の1以下までは TOBを実施しなくてもよく、すでに2分の1超の株式を保有して支配して いる場合もTOBによらずに市場外取引をしてもよいことになっています。


株式会社アクティブ・コンサルティング

〒103-0023 東京都中央区日本橋本町3-3-6 ワカ末ビル7階
お電話でのお問い合わせは TEL 03−6202−7418
メールでのお問い合わせは   ここをクリックして下さい


  紹介案件募集

売却案件をご紹介下さい。M&A成約時には紹介料を差上げます


  提携希望受付

金融機関及び会計事務所などの皆様で弊社と提携をご希望の方


  業界別M&A


  M&A料金体系


   M&A用語


   よくあるご質問

←M&A用語集ワ行へ

M&A用語集へ→


▲この頁(M&A用語集A〜Z)のトップへ


当サイトのテキスト・画像等すべてのコンテンツの無断転載転用を固く禁じます。
(C) 2010 Active Consulting